電力自由化が実施されることによるメリット

トップページ > 電力の自由化って

LIBERALIZATION

2016年4月、電力の自由化が一般家庭で実施されます。

このページでは「電力の自由化」ってどういうことなのか、どんなメリットがあるのか、など詳しく説明します。

「電力の自由化」自体は2000年から開始されています。

  • 2000年自由化
  • 2004年・2005年自由化
  • 2016年自由化

電力自由化ヒストリー

一般家庭における電力の自由化について

「電力自由化」とは、地域独占などの規制を緩和することで、既存の電力会社以外の参入を促進し、企業や個人の選択肢を増やすための一連の改革のことです。

今までは・・・

地域によって電力会社が決められている。

これまで東京に住む人は東京電力、大阪に住む人は関西電力といったように、電気の小売りは地域ごとに会社が決められていました。

「電力の自由化」実施後は

各家庭によって電力会社を決定できる!!

電力の自由化により、携帯電話の会社を選ぶように、サービスや価格を元に消費者が電力会社を選択できるようになります。

「電力の自由化」が実施されるメリット

1. 電力会社の価格競争が起こり、値段が安くなる

今までは電力会社は地域ごとに決まっていたために、お客様が電気料金を比較し電力会社を選ぶことは出来ませんでした。小売電気事業者がお客様に供給する電力は、各地の工場が所有する発電設備の余剰電力分やメガソーラーなどの電力をメインに据えております。それにより、東京電力などの地域電力会社と異なり設備費や修繕費・人件費といったコストの高い部分を抑えることで競争力のある価格で電力を調達しております。さらに多くの新電力が多様な料金プランを設定することで、お客様はご自身のライフスタイルに合わせたプランを選択することが出来るようになります。

電力事業への参入が自由化され、選択肢が広がる

2. 今までにない新たなサービスが登場する

さらに、料金プランだけでなく、その他のサービスとセットにして電気を販売する電力会社が登場してきます。例えば、電力会社の電気料金のお支払いでポイントが貯まるサービスが始まる予定です。また、今後は電力関係がメインの会社だけでなく、「インターネットや不動産・自動車」といった電力関係が主力事業では無かった事業者も参入してくる事が予想され、今までに無い新たなサービスが展開されていきます。ジャパン電力も異業種とのアライアンスを積極的に推進し、お客様に魅力あるサービスを提供していきます。

電力会社の価格競争が起こり、値段が安くなる