よくあるご質問

トップページ > よくあるご質問

QUESTION

電力について、Japan電力について皆様の疑問にお答えします。

小売電気事業者について

なぜ電気料金が安くなるのですか?答えを見る

季節や時間帯により電力の使用パターンの異なるお客様の組み合わせと、発電特性の異なる複数の発電事業者の組み合わせにより電気料金が安くなります。また、新電力は低廉な電気料金にて電力をご提供できるよう経営の効率化を図っています。

close
電力の供給は間違いなく出来ますか?答えを見る

電力の供給は、地域の電力会社の送電ネットワークを経由して行ないますので、これまでとまったく同じように電力をご利用いただけます。また、電力需給管理システムを中心とした電力需要供給24時間管理体制を構築し、電力各社の給電管理体制と連携を取ります。万が一発電設備などの電力供給設備の事故など不測の際にも電力会社との託送契約(接続供給契約)により、お客様には電力の安定供給を行ないます。なお、小売電気事業者の都合で停電は起こりませんが、地域電力会社が停電する場合や、計画停電などは避けることができません。

close
新電力に切り替える際に工事などはありますか?答えを見る

法人のお客様:

自動検針メーターへの更新や通信装置の取付を行います。 地域電力会社より調査日の連絡がございますので日程調整を行っていただき、当日は計量器場所までの案内等のご協力が必要となる場合もあります。 自動検針メーターの費用は地域電力会社の負担となり、お客様の費用負担はありません。作業も地域電力会社がおこないます。作業時間は通常1時間程度ですが、稀に停電を伴う場合で2時間程度かかります。

個人のお客様:

立会い不要のメーター取替がございます。工事というほどのものではありませんが、地域電力会社の下請け会社から、『○日頃、取り替えますね』というような連絡が入ります。

close
デメリット及び注意点はありませんか?答えを見る

地域電力会社から供給先を変えることによるデメリットと呼べるものは発生いたしません。お客様がお使いの電気の質はどの電力会社から供給を受けているものでも、その差はございませんので、今までと使い方は変わりません。ご注意いただきたい点としまして、現在の電力会社との契約が中途解約になった場合は違約金が発生することがあります。

close

Japan電力のサービスについて

費用負担はいくら掛かりますか?答えを見る

導入費用やランニングコスト等の費用負担は一切ありません。(ごく稀に電力会社の工事費が発生する場合があります。)

close
電力供給先を変えるまでに日数はどれくらい掛かりますか?答えを見る

法人のお客様:

電力会社の手続きに2~3ヶ月掛かりますので、余裕を持ってお申込み下さい。(各電力会社のエリアによって必要書類が異なる場合があり、その準備のための日数もかかります。)なお、近年の電力会社から新電力への切替が増加傾向にあるため、電力会社側の事情により、3~4ヶ月程供給開始まで時間を頂く場合がございます。

個人のお客様:

お申し込み後、約1ヶ月から1ヶ月半後に弊社から供給開始になります。

close
停電時の対応(連絡体制)はどうなりますか? 答えを見る

法人のお客様:

今までと変わるところは一切ありません。お客様の構外での送電網トラブルによる停電時は、従来通り地域電力会社が事故などの対応を行います。
またお客様設備の故障・事故等による停電時は、従来通り法律で義務付けられている電気主任技術者へ連絡をお願いします。

個人のお客様:

ご自宅周辺が(地域的に)停電している場合は、地域電力会社が復旧対応いたします。最寄の地域電力会社の営業所へご連絡ください。
ご自宅周辺のみが停電している場合は、一度、ブレーカーをご確認ください。ブレーカーに問題がない場合は、町の電気工事店さまかマンション管理組合等にご連絡ください。

close

電力契約について

電気料金はどのくらい下がりますか?答えを見る

法人のお客様:

お客様が現在契約している電力契約や電力の使用パターンにより変動しますので、現在の契約内容、電力使用パターンのデータ(連続する12ヶ月の請求書等)をご用意頂ければ、シミュレーションをし、見積書をご提示致します。年間電気料金(基本料金+従量料金)は概ね0.5~15%程度下がるケースが多いです。但し、シミュレーションの結果下がらない場合(切り替えができない場合)もあります。

個人のお客様:

シミュレーションいたしますので、ホームページよりお問い合わせください。

close
お支払い方法について答えを見る

法人のお客様:

口座振込・口座振替の中からご選択いただけます。※クレジットカードでのお支払いはできません。

個人のお客様:

口座振替・クレジットカード払いの中からご選択いただけます。※コンビニ払いはご利用いただけません。
振替日は23日です。(23日が金融機関休業日の場合は翌営業日)クレジットカードのお支払日は各カード会社指定の日程となります。

close
違約金はありますか?答えを見る

法人のお客様:

Japan電力との契約は最短1年以上であり、契約満了日の3ヶ月以上前の事前通知無しに1年未満で解約される場合、違約金が必要となります。
契約更新後も、3ヶ月以上前の事前通知無しに解約される場合には違約金が発生いたします。

個人のお客様:

違約金は発生いたしません。
契約期間は1年間になります。特にお申し出がない場合はその後は同一条件で契約が継続されます。1年未満でご解約された場合にも違約金は発生しません。

close
契約後に値上げはありますか?答えを見る

地域電力会社が値上げをした場合、Japan電力も同率程度の値上げが発生する可能性があります。主な理由としましては、地域電力会社の値上げに追随して電力卸売市場の価格も同様に上昇すること、また、そういった事象に伴いJapan電力が調達する電力単価も上昇してしまう点などがあります。そういった事情から同一管内では値上げをせざるおえない状況です。しかしながら、Japan電力からの供給でメリットが発生するお客様の場合、地域電力会社より低い価格で電力の供給ができますので、コスト抑制の効果は十分にあると考えられます。

close

その他

発電設備の定期点検又は事故等による供給不能の場合や
補給電力を使用した場合の料金はどうなりますか?答えを見る

Japan電力は地域電力会社との間で、Japan電力の供給電力が不足した場合、地域電力会社からバックアップを受ける接続契約をしております。このバックアップで発生した料金がお客様との契約単価を上回った場合、超過分はJapan電力が負担いたしますので、お客様に負担は発生しません。

close
Japan電力の事業継続が不可能になった場合はどうなりますか?答えを見る

その様なことがないよう万全の経営を行っておりますが、万一その様な事態になった場合は、お客様の判断で他の電気事業者(電力会社含む)と契約を結び直して頂くことになりますが、契約先変更の期間までは地域電力会社と当社のバックアップ契約で保護され、お客様への送電に支障が生ずることはありません。その際のバックアップに関する債権債務の処理は、地域電力会社と当社の問題であり、お客様にご負担はかかりません。

close
波及事故などの系統の運用に関するトラブルへの
対処方法の変更はどうなりますか?答えを見る

新電力は、発電・電力供給と電力小売のみを担当しており、送電網等の運用に関わる問題は全てJapan電力と地域電力会社の託送契約によって、地域電力会社の託送サービス部門が処理することとなります。託送契約費用はお客様のお支払い頂く電気料金の一部をJapan電力を通じて地域電力会社へ支払っており、お客様と地域電力会社の運用申し合わせの上で、従来と変わりないサービスの内容、運用のルールが適用されます。

close